丹波地鶏の柳川鍋

・材料(2人前)

鶏もも肉150g
ごぼう15g
1個
三つ葉少々
粉山椒 
  
< 柳川地 >
・かつお出汁160cc
・薄口醤油20cc
・味醂25cc

・作り方

(1) 鶏肉は3㎝位のぶつ切りにし、さっと湯通して生臭みを抑えます
(2) ごぼうを笹がきにします
(3) 鍋に柳川地の材料を入れ沸かします
(4) 沸いた地に鶏肉・ごぼうの順に入れ、鶏肉に火が入ったら溶き卵で半熟にとじて、三つ葉を散らして完成です
(5) 食べる直前に、粉山椒を振ります

◎ ポイント
・かつお出汁の代わりに、出汁の素をお湯に溶いてたものでも大丈夫です
・溶き卵は半熟にして、からめて食べる感じがベストです
・笹がきごぼうは、ピーラー(皮剥き器)で削るようにつくると薄くきれいにできます

燗にして旨みふくらみながらも淡麗な「渡船」と、鶏肉と牛蒡の濃い味の鍋が対照の妙です。
鶏肉のほかに、牡蛎・鰻・ブリ・豚ばら肉 等、でも相性良し。

1963年大阪生まれ。
流浪の青年時代を経て、27歳から和食の道にはいる。
和の心、古いもの、そして雪山をこよなく愛する男。
このコーナーでは旬の奥丹波に合わせて、
ご家庭で作りやすいおつまみを紹介していただきます。

ページTOPへ