塩〆サーモンのトマト南蛮

・材料(2人前)

刺身用サーモン(短冊)160g
適量
玉葱1/4個
無塩トマトジュース50cc
大葉1枚
  
< 南蛮酢 >
・水20cc
・米酢20cc
・薄口醤油10cc
・砂糖6g
・粗挽ブラックペッパー少々

・作り方

(1) サーモンに塩をまぶしつけ3時間冷蔵庫で寝かせます
(2) 玉葱は薄くスライスしてレンジで1分加熱し冷ましておきます
(3) 南蛮酢を合わせて沸かし、冷ましておきます
(4) 塩〆したサーモンを手早く水洗いし、キッチンペーパーで水気を拭き取り厚目のスライス(3mm程度)にし、ボウル等に玉葱、南蛮酢、トマトジュースを加えて和え、5分ほど馴染ませてから刻み大葉を添えて出来上がりです

◎ ポイント
・サーモンにしっかり塩をして(ベタ塩)ザルもしくはペーパーの上で3時間、しっかり臭みと水分を抜いて〆て下さい

暑い夏、さっぱりとした酢の加減とトマトの爽やかさ、玉葱の甘味、大葉の清々しい香りが塩〆のサーモンにからみ、よく冷やした純米生酒に合う、洋風でありながら、しっかり和食な一品です。
サーモンのほかに、色々な魚介類でお試し下さい。
時間がない場合、塩〆サーモンのかわりにスモークサーモンを使うと手早くできます。

1963年大阪生まれ。
流浪の青年時代を経て、27歳から和食の道にはいる。
和の心、古いもの、そして雪山をこよなく愛する男。
このコーナーでは旬の奥丹波に合わせて、
ご家庭で作りやすいおつまみを紹介していただきます。

ページTOPへ