青木卓夫
青木卓夫

1949年、氷上郡(現丹波市)春日町で生まれた。上に姉が2人の末っ子長男で、酒造りの世界にはいったのは18歳のとき。すばしこさを見込まれて、室(むろ)の子からスタート、水戸の明利酒類で修業のあと異例のスピードで30才で杜氏になった。平成27年に黄綬褒章を受章した杜氏に、失敗談はと尋ねると、先輩の失敗が自分自身の成長につながり、多くのことを学ぶことができた。この過程があるから、どうしたら失敗するかということを把握し作業している為、失敗談は思い当たらないと一蹴された。

剣道の師範でもある。好きな言葉は「無我無心」

田中秀一
田中秀一

1973年篠山生まれで、優秀な子になるよう名づけられた。大学では日本文化を専攻。剣道初段。居合道三段を取得。卒業後は電気関係の仕事をしていたこともあるので、機械やITに強く、関連マニュアル等の資料解読はお手の物。

29歳で酒造りを志願したのは杜氏だった祖父の影響。趣味は読書(愛読書は論語や武士道)、芸能人ネタにも疎い彼に嬉しい瞬間はと尋ねると、飲んでくれた人が笑顔で美味しいと言ってくれた時と真顔で答える酒クレイジーだ。

冬場は月一度しか妻の待つ自宅に帰らず、蔵に寝泊まりして麹の番をして周りをやきもきさせている。

荒木嘉信
荒木嘉信

誰もが信じて嘉(よろ)こんでもらえるようにと名付けられた。酒造に初めて携わったのは遅く50歳。道具の洗浄という下働きからはじめた。それでも元来の陽気さと身体の丈夫さから釜屋と槽場を任されて長い。いざというときの荒木と皆に頼られる。夏場は農業(水稲、豆類)で暮らしている。

好きな食べ物:炭水化物、酒。好きな人:可愛い娘(?)。好きな言葉:ケ・セラ・セラ(なるようになる)挙句に趣味は立ち話という愛嬌のある性格とルックスに、年の割に女性ファンが多いのも頷ける。1954年、蔵に近い市島町梶原生まれ。

吉田寿博
吉田寿博

1970年神奈川県横須賀市生まれ。35歳の時、会社を辞め自転車で日本一周を敢行。その後都会から有機農家を目指し一家を従えて丹波に移り住んだのが2005年。

米作りをメインに、畑の作業、薪などの燃料作りに精を出す。冬場、蔵人として酒造りをするようになり、米~酒になるまで全ての工程に携わるようになった。一連の流れを知り、手をかけ味わうのは楽しいことだ。

特技は和太鼓(甲賀流氷ノ川太鼓)、好きな芸能人もTAO、舞太鼓あすか組。ひょろりとした体躯ながら、好物はカルビ、見かけ以上にエネルギッシュな人。

中川清二
中川清二

1984年愛知県名古屋市で生まれ、熱田神宮で「清」、父の好きな実業家から「二」をいただいたそうである。

忌野清志郎が好きで楽器が趣味、夏場は花火師、一見するとアーティストのような風貌だが、好きな食べ物を妻の手料理全部と言い切る愛妻家でもある。

29歳ではじめた酒造りだが、今まさに発展途上で数々の失敗と先輩の叱咤にもへこたれず頑張っている。好きな言葉「今を生きる」を心に日々成長中である。

秋山龍の輔
秋山龍の輔

韋駄天の動きは幼い頃より親しんだ野球仕込み。高校は故郷丹波を離れ強豪校に単身留学、100人を越える部員たちと切磋琢磨した。在学中に母校は甲子園に出場、レギュラーは逃したが、走塁の得意な外野手としてならした。本来はピアノが好きな大人しく静かな性格だが、盗塁が上手なだけに突如大胆な行動に走って周囲を驚かせる一面も。

1994年生まれの蔵のマスコットボーイは、亡き母の命名の如く、登り龍となって羽ばたくように周囲の期待を集めている。

ページTOPへ